2010年 02月 02日 ( 1 )

こんな顔 あんな顔

今日は寒い雨でした。
こういう雨を「さぶあめ」って言うんですって。
京都の人が教えてくれました。
(訂正 さぶあめ タイプミスしてました。ごめんなさい)

風邪はほぼ治りました。鼻声だけど。
お気づかいのコメント、本当にありがとうございました。

さて。ごめんなさい。
またしても本日の写真がありません。今日は外仕事だったの。
撮りだめの写真でお許しを。

e0156015_0252761.jpg

髭が彼岸花みたいでしょ。白い彼岸花^^
でも、これ、甘えてる顔ではなく、
またたびに、くれくれ攻撃をしている顔。興奮している顔です。
だから毛穴のまわりがぷっくりめくれてる^^;でしょ。
でも小さな歯がかわいい ♡

つづいて、ロッタちゃん。
e0156015_144373.jpg

煮干しを食べてるときの顔なんですが、
見てください! 眉間だけでなく、鼻にもシワが。
肉眼では気づかない瞬間の顔。
こういうとき、猫ブログをはじめてよかったなあ、と思います。
ブログやってなかったら、こんな写真まで撮らないもん。
そしてカメラのレンズを見つめることで、
ズームすることで、細かいことにも気づくようになった。

先代の猫なんか数えるほどしか写真、残ってないんですよ。
一ヶ月半の天使のうちから飼ってたのに。

その先代猫の最期のことを
「ねこ新聞」書きました。
入院中の京都の病院で死なせてしまったんですが、
その日、夫も私も仕事で東京の家におり、そばにいてやれなかった。
死亡推定時刻は早朝の5時から6時。
病院の先生が朝7時の検診のとき、死んでいる彼女を見つけました。
でもね、死亡推定時刻の少し前の4時半頃、
東京の家に、無言電話がかかってきたんです。
電話に出たのは私……。
そこからの話はぜひ、紙面で、

と書き、今、サイトで確認したなら、
1年間購読しないといけないみたいです。す、すみません。
(許可が出れば、この一文、ここで掲載しますから 買わなく……自粛)

同じ頁には、作家の阿刀田高さんの猫エッセイも載っています。
全頁カラーの小さな新聞。
e0156015_145227.jpg

サイトだけでもよければ覗いてみてください。阿刀田さんのエッセイはネットでも読めます。

先代猫は17年間、私と一緒に生きてくれました。
夫は最後の7年間くらいかな。
作詞家として忙しくしていた頃は
あまりかまってやれず、母がお世話係のようなものでした。
今でも後悔がいっぱいです。
その分、今の2猫のことを溺愛しているのかも。
e0156015_1173568.jpg

おバカな息子ですけどね。


人気ブログランキングに参加中。
1人1クリック有効。応援してね。
更新のモチベーションが上がります。
バナー.gif人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。

本家ブログも見に来てね。
怒濤の更新中。

あ、茶の間の最新号にはシマちゃんのおばあちゃま(なのか?)、
鷺ちゃんのおかあさま、河井須也子さんのインタビュー記事が載っています。
こちらは申し込めば無料で送ってもらえます(先着順だけど)。ぜひぜひ。

by asokeiko | 2010-02-02 01:19 | ロッタとトビ