ひっつき虫とトビ

トビちゃんは夜、お出かけしたときでも
夜更け、こっそり私たちの枕元に入ってきます。
それはいいんですが、
ま、はっきり言って、きちゃない。
なので、掃除、洗濯はマメに行うようにしているアソウです。


でも、これがついてるときは
正直、途方に暮れます。
e0156015_041779.jpg

ひっつき虫。
たまーに、なんですけどね。
シーツにぽろぼろ……。
種もこんなところに落ちたのでは無念であろうぞ……。

「トビちゃん、こういう種はお外で落としてこないとね」
あ、でも庭でやられたなら、雑草が生えてくるか……。025.gif

まったく外では何やってるかわかんない男子、トビ猫です。
ロッタはないんですよ。

e0156015_019050.jpg

うん、おとーさんもだいぶ前、摘んできたよ。
トビちゃんも食べられるものを持って帰ってくれると
いいんだけどね〜。




3月中旬というのに寒い。
1月、2月なら、風情もあるけど……。
本当にあと一週間で桜、咲くのかなあ。

週明けです、景気付けにぽちっとね。

人気ブログランキングへ

ありがとうございます。



果実の表面に鉤毛などを持ち、動物の毛や人間の衣服にひっついて散布される種子があります。これらの仲間の種子散布形式は「動物散布」と呼ばれます。これらの植物は、冬になっても種子を散布せず、茎の先端などにつけたまま、動物が通りかかるのを待ちかまえています。残念ながら動物に付着することが出来ない場合には、春になって茎の根元が腐敗することに、ようやく地面に散布されます。
岡山理科大学 動物生態研究室(沖田研)より引用。

by asokeiko | 2009-03-16 00:29 | トビ

<< クリオネの猫 ホワイトデーとロッタ >>