昼行灯? この猫のウラと表  

ミー氏の記事へのコメント、
ありがとうございました。

Aさんとはこんなエピソードがあります。
e0156015_254043.jpg

この先代猫は、肺がんで虹の橋を渡ったのですが、
晩年、Aさんがうちに遊びにみえたとき、
「ポルク、もうあんまり長くないかもれない」
と、私が弱音を吐いたなら、
Aさん、ポルクを抱きながら、
「大丈夫ですよ、うちのミーも咳くらいしますよ」

でも臆病な私はそれを信じることができなかった。
もっと信じて、もっと長生きさせることに
貪欲になってやるべきだった……、
家で死なせてやりたかった、
今でもそれを思うと、胸が傷みます。

さて

昼行灯のトビ。
晴れた日の午後は本当にうすぼんやり、
その存在自体が希薄です。

e0156015_2442964.jpg

そんなに重たい頭でもないくせに、
猫って枕を使いたがりますよね。

にゃに。失礼にゃ。
いっぱい脳みそは詰まってますよ。
昼間、使ってないだけにゃ。


e0156015_24554100.jpg

ほっ、ほう。そうですか。

見なゃさい。
これが夜の僕ですよ。

e0156015_2505537.jpg


シャッター速度を上げたなら、
こんなに画像になっちゃいました。
もっと性能のいいレンズがほしいよー(と、自分の腕は棚に上げる私)。037.gif

どうか皆ちゃま、
バナーをクリックしてください。
僕の人気投票にゃっ。byトビ
人気ブログランキングへ
ありがとにゃ。

by asokeiko | 2009-02-11 03:03 | トビ

<< 春告鳥と猫と 最終回 26才と5ヶ月生きた猫 >>