診察台での猫は

先代の猫は
こちらが苦笑いするほど、
診察台で
絶叫しておりましたが、

ロッタとトビはヘタレなので
にゃ、ともシャーとも言いません(言えません)。
瞳孔は開き、肉球に汗、心臓バクバク状態。
毎年、かわいそうなことです。
でもうちは外猫と接触の可能性があるので
ワクチンは欠かせない。

ごめんね。虐待じゃないのよ。

ロッタより、
トビのほうがびびりです。

まず、トビはキャリーに入れると
出せ、出せと、にゃーにゃー大絶叫。
これに入れられると、病院という図式があるのかな。
トビちんもバカじゃない。
車に乗り込むと、
さらにその不安は強まるようで、
ふだんより1オクターブ低い、
ドスのかかった低い声で
いや〜 にや〜と訴えます。
ロッタと美しく
ハモってました。

そして
ネズミなみに心拍数が上がります。


が、病院では、借りて来た猫に変身。
しーん
犬たちがいっぱいいたからかな。
「トビはいませんよ。トビはいません」
バッグのなかで、
自分の気配を消すことに
ひたすら腐心している様子でした。
トビちん、けっこう頭脳派 ^^


ロッタちゃんはそこまでヘタレじゃない。
やはり女ですね、母ですね。
そこそこ堂々としてました。
e0156015_11392335.jpg

e0156015_1139367.jpg

ウソです。庭と駐車場には出ます。

トビ蔵は
e0156015_1140721.jpg

e0156015_11401479.jpg

処置が終わったなら
私のカーディガンの裾に
頭を突っ込んで、隠れてました。かわいい♡
小さな子がおかーさんのスカートのなかに
隠れてること、あるでしょ。
あ〜んな感じ。



帰りのクルマでは
キャリーバッグから出したんですが、
通り過ぎるクルマすべてが、
トビに銃口を向けた戦車か何かに見えるようで。
ついに顎呼吸をはじめる始末。
e0156015_11513449.jpg

これ、にゃーと鳴いてるんじゃなく
口を開けて、呼吸してるんです。


そんな大騒ぎの一日でした。

トビ蔵、体重が6.8キロになってました。
ただトビ、骨格が大きく筋肉質なので
贅肉がついてるわけではなく
ダイエットは必要ないとのことでした。
でもこれ以上は増えないようにしなくては。
抱っこする私がたいへん。@@



「先生、次は往診にしてください」byトビ
がんばったロッタとトビに愛のクリックをよろしく。

人気ブログランキングに参加中。
バナー.gif人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。

本家ブログも見に来てね。

by asokeiko | 2010-06-13 12:11 | ロッタとトビ

<< 病院から帰ってから トビ、病院に@携帯 >>