大ママからのお手紙

そんなわけで河井寛次郎記念館の館長さん(大ママ)は
子どもの頃からの猫派。

もっと詳しいことが知りたいという方は
ぜひ、去年、出版された河井須也子さんの著書
「不忘の記」(青幻舎)を読んでね。

許可を得て、お手紙の一部を引用します。

「この度、御尊家御愛猫のトビ君にお逢いして、
これまた全身全霊、大いに魅せられてしまいました。
逞しく気品高く堂々として猫君の王者の風格をそなえ、
それに少しシャイでとてもはにかみやなところが
更に強く惹かれる所以です」

「シマ子にとっても私にとっても、このたびの
とてもとても幸せなお話が実現したら
どんなにかうれしいことでございませう。
三三九度とまではゆかないまでも
めでたい慶事にぜひとも参加させてくださいませ」


80ウン歳になっても、
こういう私たちのお遊び(本気ですけどね)に
これまた本気でつきあってくださる、
何てみずみずしい感性をお持ちなのでしょう。

うふふ。そんなわけで
結婚式、当人(猫)たちに負担がかからない範囲で
敢行する予定でございます。
猫友たち何人かに、招待状も送らないとね。

そして夫婦として、ときどき
日向ぼっこしたり、遊ばせたりしたい。
そんな想いを、↓こんな様子を見るたび、募らせる私なのです。

先週、お見合いのあと、真冬が戻っていた頃の2猫の様子。@夫の部屋
e0156015_1155212.jpg

e0156015_116185.jpg

夫が「うわー すごい、ロッタ。眠りながら 唸ってるよ」
夫に言われ、耳をすますと、あー、本当だ、
ロッタ、重低音で唸ってる。
うなり声に、次の一歩をためらうトビ蔵。

e0156015_116932.jpg

が、このあと、ズンと一歩踏み出したトビ蔵に
ロッタはしゃーの一撃。
そしておとーさんの机に避難するのでした。

シマちゃん、こんなトビをよろしくね。
やさしくしてあげてね。




人気ブログランキングに参加中。
バナー.gif人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。

本家ブログも見に来てね。

おまけ。
お見合い+婚約のあと、花見に出かけたのですが、
自然を前だと、トビ蔵、ハーネスをしていてもワイルド。
e0156015_11132389.jpg

さくらシャワーの祝福を浴びるトビ蔵。
e0156015_1114299.jpg

by asokeiko | 2010-04-21 11:18 | トビとシマちゃん

<< ロッタのこと そして婚約 >>