お見合いレポート2

取り急ぎ、画像だけアップします。
只今朝の5時。これより建仁寺に出かけます。
夕方、テキストと残りの画像もアップします。



e0156015_4584057.jpg

クールビューティ・シマちゃん

e0156015_4584826.jpg

甘えっ子のトビ蔵。何かシマちゃんより年下風。^^;
鷺ちゃん(寛次郎さんの孫)のトビ蔵の印象は、
「トビちゃん、大きい」
「筋肉質、がっしりしてる」
本物のトビ蔵は、ブログで見ているより
大きいらしいです。

e0156015_4585887.jpg

シマちゃんの上司で、大ママの河井須也子さん(寛次郎さんの娘)。
須也子さんはなんと大正13 年生まれ。
とても80ウン歳には見えないでしょ。
桜色のお召しものが、とってもステキ。
そんな須也子さんから、
「トビちゃんはジェントルマン。やさしい」
と、トビ蔵、合格点をいただきました。
さらにお手紙まで。
その内容がステキなの。あとから追記しますね。

e0156015_4592358.jpg

河井寛次郎記念館 2F 上段の間

e0156015_523923.jpg

この猫は?!
この木彫り猫は、寛次郎さんの作品。

この木彫り猫の誕生のいきさつは……。

須也子さんが小学校のとき飼っていた
黒猫の美猫、熊助くんが、
ある日、突然、いなくなってしまった。

哀しみにくれる須也子ちゃんに
寛次郎さんは、
「猫そのものの生命体は死なない。
またどこかで生まれてくるよ」
と、諭したんだそうです。

そして陶工が仕事なのに、
古材を利用して、にわか木工をはじめた。
果たして数日後に完成したのが、この木彫り猫。

この作品が契機となり、
寛次郎さんは木彫りの作品を作りはじめることになりました。

熊助にそっくりの仔猫も現れ
生命体はさまざまなものにつながっていきます。

ねえねえ、
トビは、この木彫り猫に似てませんか?
前足の筋肉のつき方、
愛する者を見つめる、大きな目といい、ね。

須也子ちゃんを守るために
寛次郎さんが生み出した木彫りの猫

シマちゃんを守るために
ロッタちゃんが生んだトビ。←そ、そうなのか?!

一見、何のつながりもないようですが、
この世はみんなつながっている、
そんなことを考えてみたりします。

猫がつなぐ不思議なご縁。
さてあなたは……?

あー、長くなってしまった。
画像は別記事にアップします。
そのあとにロッタちゃんの写真もね。





人気ブログランキングに参加中。
応援してね。
バナー.gif人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。

本家ブログも見に来てね。

by asokeiko | 2010-04-20 05:11 | トビとシマちゃん

<< そして婚約 お見合いレポート#1 >>