ハンターとスプレー

トビちゃーん、届いたよ。黒い猫さんからメール便。
e0156015_2113858.jpg

暗いところでは光を反射する機能や、
猫の体重がかかると、バックルが外れる仕組みになっているらしい。
HUNTERというドイツのメーカーのものです。

前のはアメリカの友人からのプレゼントで
手縫いで丈夫だったんですが、それでも寿命(^^;)は1年半でした。
地面ですりすりしたり、雨に濡れたりするからかなあ。

さて。付け替えてみました。
e0156015_21162257.jpg

あ、上の写真、トビの右耳、うしろを向いてますね。
目がお留守なってるから、耳で右を見て、警戒してるんでしょうか。


e0156015_2181100.jpg

野性のトビ蔵です。外では目つきが違います。
お外に出ると、猫のオトコは千人の敵がいるからね。
e0156015_2181319.jpg


e0156015_21151668.jpg


さてロッタの青鷺に続いて、トビの青鷺。
e0156015_21373265.jpg

早めに去勢手術もしたというのに、
この家に越して1年を過ぎた頃から(3歳くらいから)
スプレー(マーキング)をするようになったトビちん。
石に塀、草木にシュッシュッシュッ。チッコです。

うわー、くちゃそうと思うでしょ。
ところが、ところが、そんなことないんですよ。
トビ蔵一匹くらいのフレグランスなど
あっという間に、風が、木が、土が消臭してくれる。
でも、猫や犬にはわかるみたいですけどね。チーン。


さて最後に家でのトビ蔵をアップ。
目がうるうるでしょ。仔猫に帰ってるんですよ。
e0156015_21454433.jpg



人気ブログランキングに参加中。
1人1クリック有効。応援してね。
更新のモチベーションが上がります。
バナー.gif人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。

本家ブログも見に来てね。

by asokeiko | 2010-01-11 21:53 | トビ

<< ゴジラ系キジトラ登場 トビ猫はゑびす顔 >>