ロシアンブルーのこと

ロッタはロシアンブルーという種類の猫です。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)によればこんな種類です。

性格のところを引用すると、

しばしばロシアンブルーは「犬のような」性格の猫だと言われる。
これは、一般的に気ままで忠誠心が薄いと認識されがちな猫の中でも、
主人に忠実な性格を持つことによる。

ロシアンブルーは飼い主と認めた相手には献身的な愛情を持つが、
人見知りが激しくシャイで神経質な面があるため、
見知らぬ人間には警戒心を示し、慣れるのに時間がかかる場合がある。

以前この猫によく見られた必要以上に神経質な性質は、
ブリーダーの努力により、近年では改善が見られる。

またボイスレスキャットと呼ばれるほど
鳴き声を上げることが少なく、性質もおとなしいが、
ほっそりした短毛種であるため、運動量は多く遊び好きである。

体臭や口臭もほとんどなく、毛並み等のケアにもさほど手がかからない為、
飼いやすい猫種のうちの一つと言える。


だそうです。
でも。ロッタの場合は「ボイスレスキャット」というのは
あてはまらないかも。小さい頃から、きゃっきゃとよく喋ります。

ただ他はあらかた当たっているかも。
飼い主(夫)に献身的な愛情を注ぎ、
トビのような実用的な運動ではなく、
ひとり遊びのような運動をよくします。
追いかけると喜んで、逃げ、隠れます。
で、見つけると「きゃっ」と、喜ぶ。←本当。

あとすごーく神経質ですね。

体型的な特徴としては、

口角が僅かに上がっており、
微笑んでいるように見える様子を「ロシアンスマイル」と呼ぶ。


そのロシアンスマイル。
初夏の頃のベストショットです。
e0156015_2334831.jpg



して、その息子のトビ蔵は、
性格的にも父猫の血を濃く受け継いだもよう。
こんなヤツです。同じ初夏の頃のベストショットの1枚。
e0156015_23425858.jpg

こやつ、私には犬以上の絶対的な服従を示し、
献身的な愛情を注ぎます。
ただし空腹時と寒いとき限定。とほ。


おまけのベストショット
e0156015_2345153.jpg

ほっそーりまんまる。



人気ブログランキングに参加中。
バナーを押して応援してね。
更新のモチベーションが上がります。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。


おまけ。
猫にゃんGPスターティング・フォーメーションに入りました。
e0156015_23534994.jpg

by asokeiko | 2009-12-22 23:47 | ロッタとトビ

<< 台所でわさわさする猫たち 猫は空から見ている >>