紅葉と猫と


e0156015_21442825.jpg

わが家の紅葉が見頃でございます。

となりのお社の大銀杏は散りはじめ。
すごーく迷惑なことにありがたいことに、
その半分は、わが家の地上に落ちてきます。
e0156015_21461058.jpg


e0156015_21481220.jpg

わかってます。
そんなわけで鋭意、掃除中。

e0156015_2150948.jpg

こんなでしたが、みごと、本日、暮れ時、ミッション完了。
その写真がないのが残念。

まあ、何て美しい苔庭かしら。
ねえ、どなたが掃除なかったのかしらね?
あ、このワタクシだわ。うっふー。
と、自己満足に浸ったのでした。←バカ


さて、なぜ箒に柄がないのか、
というご質問をコメントでいただきました。
お答えします。
e0156015_21544888.jpg

これ、手箒っていうんですけどね、
苔庭の掃除には、プロ(植木職人)もこれを使います。
柄なんかついてたら、
そのまどろっこしさたるや、UFOキャッチャーの如し(古っ)がですよ。
だって長い箒じゃ、小回りが利かない。飛び石あり、木や根っこありの庭ですから。
微妙な力加減もできません。
それに立った目の高さじゃ、
生えかかっているカタバミやゼニ苔(悪玉の苔)も、見えません。

どんと腰をおろしましてね、
手を箒を一体にしながら、
穂先を使ったり、横にして穂全体を使ったり、
バネを聞かせたり、やさしくなでたり。うふ。
いろんな技があるんですよ。

ワタクシ、素人としては、この手箒の使いこなしは
けっこう上級なのではないかと自負しております。

ムダなく、一度に大量の葉っぱがちりとりに入ったときの感動は、
たぶんサッカーでゴールしたときと同じくらい。
って、私、サッカー、やったことないですけど。


さて。庭掃除は今くらいの季節から、
冬にかけてがいちばん快適です。
だって虫がいないから。
「人間をパカにすんなよ、強いんだぜ。
冬でも生きられちゃうんだぜ」
と、蚊とが蛾に、今日も啖呵を切りました。

人気ブログランキングに参加中。
バナーを押して応援してね。
更新のモチベーションが上がります。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。
猫もなめんなよ。冬だって、炬燵で丸くなってるだけじゃないんだぜ。

by asokeiko | 2009-11-29 22:29 | 町家講座

<< 選手交替! お知らせ  >>