再会 子ロッターズ

e0156015_21585693.jpg

これが当時の子ロッターズ。2003年の初秋撮影です。
お目々はキトンブルー(子猫の頃はみんな青です)。
誕生日は8月21日未明。
深夜の0時過ぎから30分間隔で4猫、生まれてきました。
末っ子ミディくんよりトビは1時間半、お兄ちゃん(笑)。


いや、この日(再結成ぱーちぃの日)は、
初っぱなからどきどきしっぱなしでした。
再結成のパーティは7時から。
食べ物(人間用)が持ち寄りだったので、
夕方から土間のダイドコに立ってたんですね。
ところがいざ行かん、という頃になったら、トビいない。
がーん。
「もしもしHさん? アソウですけど、トビがね、
お出かけから帰ってこないの(苦笑)。
庭で缶詰の音をさせても戻ってみないところを見ると、
ちょっと遠出(敷地外)したみたいで」
Hさんも笑うしかない。
「……遠いとこて、トビくん、どこ行ったん?」
「いや、行き先は聞いてなかったんで(汗)。
戻って来次第、駆けつけます」
(Hさん=「うるわし屋」さん)

ああ、これは遅くなるかも、と覚悟をしたなら、
お騒がせトビくん。
7時10分過ぎに、
「お腹がすきましたよ〜」
と、戻ってきた。よっしゃ。出かした(何が? )。
夫がキャリーバックに無理やりイン!!

洛中のH邸に着いたのは7時半。
感動の再会、兄弟の熱い抱擁を期待していたのですが(夢見るお年頃よ)、
トビはキャリーから出ようとしない。
全くもって「借りてきた猫」状態。

猫って、こんなとき、
まずは警戒しながら、距離を置くんですね。
生きものの知恵なのかなあ。
「トビちゃん、長男だから、ここは威厳を持って。
お手本を示して。ほら、末っ子のミディくん、挨拶して」
トビを抱っこして近づけると……。

ミディくん、こんなに固まってしまいました。
e0156015_22305875.jpg


そのあとは3階のMちゃん(高校生の女のコ)の部屋に逃げちゃった。
覗きに行くと、いつの間にかジジくんが。
ミディくんはベッドの下の奥。
e0156015_2240301.jpg

シャーの声にMちゃんに連れ戻されたジジくん。
e0156015_22465325.jpg

あいつというのはトビのことです。
ジジくんが戻ってくると、今度はトビ3階へ。
トビはベッドの上、窓枠でカーテン王子になりました(笑)。

そうそう、Hさんも、このブログを毎日、見てくださっていて、
「トビくん、うちのジジに本当にそっくり。
いっつも、ジジがいる〜、て思ってるもの〜」
と、おっしゃっていたんですが、
実物のトビを見たなら、開口一番、
「トビくん、大っきい」
抱いてもらっての感想。
「トビくん、重た〜」
トビは頭が(骨格も)大きく、6キロ越えの猫。
対して、ジジくんは5キロ強。
ただし頭が極端に小さく、手足が長く細い。
骨格だけはロシアンの隔世遺伝ですね。
ロッタはロシアンにしては手足、尻尾、短いんです。

ミディくんは4キロ強。
見た目はジジくんより大きいんですが、
抱き上げると、やわらかくて軽かったです。

ちなみに生まれたときは、
トビ80グラム、ジジくん70グラム、ミディくん75グラム。
ジジくんはガチムチに育ったようです。

さあて父母たちは「ぱーちぃ」です。
e0156015_2335575.jpg

さすが「うるわし屋」さんのご自宅。
漆器の使い方がステキでしょ。テーブルも漆塗りです。
e0156015_2335199.jpg


ロッタのおかげで、兄弟たちの父母として
こんなふうに家族ぐるみでつきあえる。
親戚みたいなものですね。
ロッタちゃん、天使を連れてきてくれて、
どうもありがとう!!

あ、私の持ち込みは失敗しました〜。無念なり。
ほら、肝心の寿司飯づくりのときに、トビ、いなくなったから〜。
↑単なる言い訳。
夫がひとくち食べるなり
「味うす〜。具、少な〜」
す、すみません(滝汗)。うひょひょ。
e0156015_2339561.jpg


飼い主というか、父母たちがぱーちぃ中は、
トビは3階、ミディくんは階段、
ジジくんは1階を拠点にしながら、行ったり来たり。
e0156015_0211116.jpg

テリトリーにいるコは強いです。

何回かテリトリーを侵犯された、
ジジくんが「うー」「しゃー」と、
言ったりしてましたが、
それに対して2猫が応戦する様子はなく、
最後まで一定の距離を保ってました。
さすが元兄弟。一緒に育ったんだもんね。
e0156015_030939.jpg

ロングで撮ると、こんな感じ。下は1枚の写真です。
e0156015_022577.jpg


トビは、シャーではなく、みゃー。
e0156015_0164285.jpg

3階から、みゃあみゃあみゃあ。
「アソウさん、帰りましょう」
「開けてください。ボク、先に歩いて帰ります」
抱き上げたなら、緊張で肉球に汗、ぐっしょり。
ごめんね、トビちん。

最後に、親たちが抱っこして、
記念にスリーショットを撮ろうかと思ったんですが、
長兄のトビから
「ミディがかわいそうだから、やめてください」
と、中止の要請が出され、
しかたなく断念するアソウでした。


うるわし屋さんちのインテリアの様子。
本家ブログにアップしますね。

ちなみに3猫のアテレコの文字の色は
子どもの頃の首輪代わりの布製のゴム輪の色。
その色が幼名にもなってました。
トビ=茶=ちゃっくん
京太くん=赤=あっくん
ジジくん=青 スパちゃん
 例外(頭の縞文様がスパイダーのようだから)
ミディくん=緑=みどくん     


そんなわけでレポート、遅くなりました。
本当はもっと書きたいことあったんだけど、
長くなったので、今日のところはこのへんで。

ぽち、よろしくです。
更新の励みになります。あとコメントもね。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ありがとうございました。





e0156015_13515741.jpg

by asokeiko | 2009-04-21 00:40 | ロッタとトビ

<< 母上ロッタが聖母に見えるとき クイズの正解は……♪ >>